ツール・ラボ

メニュー

Arduinoでプログラミング入門〜基礎編パート1〜

「Arduinoでプログラミング入門」シリーズの概要を説明します。

「Arduino」について詳しく説明します。

今回は、プログラミングとはどのようなものなのか、イメージをつかみます。

基礎編パート1とパート2で必要なものを説明します。今回はアプリと電子部品類の説明です。

続いて必要な工具類について説明します。

必要なもののリストにしてまとめます。

今回から電子工作を始めます。

電子工作の第一歩の後半です。

プログラミクグを始める前にArduino IDEをインストールします。

今回からスケッチの作成に入ります。新しい用語がたくさん出てきますので、あせらず読み進めましょう!

今回はスケッチを完成して実際にLEDを光らせます。

今回は「プログラミング言語」について掘り下げます。

今回はスケッチを見やすくします。

今回はさらにスケッチを見やすくします。

今回はLEDの点滅パターンを変更しますが、スケッチの変更をしやすい仕組みを取り入れます。

#defineの続きとして、他の数値も定義します。また今回は新しく算術演算子を習得します。

習得した知識を使ってチャレンジ課題をやってみましょう!

今回からキッチンタイマーのスケッチを作成します。

タイマーをスタートするためのスイッチを追加します。

Arduinoボード本体の端子番号はちょっと複雑なところがあります。Arduino Microボードの端子番号について補足します。

スイッチの状態を読み取る方法を習得します。

今回は、digitalRead命令で読み取ったスイッチの状態を確認します。

スイッチを押したらLEDの点滅を開始するという動作をプログラミングします。

今回は「式」と「式の評価」という考え方を習得します。

数を記憶しておく仕組みを習得します。

変数の扱い方について習得して、一定回数数えるスケッチを作成します。

前回作成したスケッチを「for文」というもので書き直します。

変数の扱い方について理解を深めます。今回は変数の「スコープ」について理解します。