PICマイコン電子工作入門〜基礎編〜

PICマイコン電子工作入門の概要を説明します。

「マイコン」とは何か、概略を説明します。

今回はチャレンジ課題として、マイコンで何か作品を考えてみます。

PICマイコン電子工作入門基礎編でつくるものを説明します。

最初に製作過程の全体像を確認して、必要な工具類を説明します。

今回は必要な電子部品類の説明と、前回説明しました工具類と合わせた買い物リストをまとめます。

今回は、これから電子回路を製作する上で、土台となるブレッドボードについて説明します。

LED、抵抗と電池の各部品について詳しく説明します。

今回は、LEDを光らせる回路をブレッドボード上に組み立てて、LEDやブレッドボードの使い方を確認します。

PICマイコン概要とこれからどのように回路を作っていくのか説明します。

今回からPICマイコンの回路をブロックごとに設計していきます。最初は電源回路です。

続いて、PICマイコンにLEDを接続する回路を設計します。

PICKIT3の接続回路を設計して、いよいよベース回路を完成します。

今回は今までの知識をもとに、他のタイプのPICマイコンで違う電子回路を設計する練習をします。

今回はブレッドボードを組み立てる前の準備を行います。

今回は実体配線図からブレッドボードを組み立てます。

電子回路図からブレッドボードを組み立てる手順を確認します。

MPLABXの概要を把握して、インストール作業を行います。

今回はMPLABXの使い方を一通り確認します。プログラムをコピペして、一度ブレッドボードの回路を動作させてみます。

今回からプログラムの中身を理解していきます。最初はフログラムの全体構造です。

今回はPICマイコンコンフィグレーション部分の概要を説明します。

コンフィグレーション設定の内容を詳しく説明していきます。今回は前半です。

コンフィグレーション設定の残りの項目を説明します。

残りの部分のプログラムを完成させます。

今回はプログラムの書き込みと動作確認をします。

今回はスイッチ回路を追加します。最初は電子回路の設計です。

今回はスイッチを制御するプログラムを追加します。

今回はブザー回路を追加します。

プログラムにブザーを制御する部分を追加して、基礎編の回路とプログラムを完成させます!

チャレンジ課題として、タイマーとしての課題を解決します。

今回はタイマーに機能を追加してみます。

前回より、もう少し実用的なタイマーを2種類作ってみます。