PICマイコン電子工作入門〜応用編〜

PICマイコン電子工作入門の応用編です。最初に全体像と製作するもの説明します。

PWM制御の1回目の説明です。最初に「PWM」とは何かを理解します。

今回はLEDをPWM制御するプログラムを作ります。

今回はPICマイコンのPWM機能を使ってLEDの明るさを調整します。

今回は、基礎編で製作したタイマープログラムにPWM機能を実装します。

今回はPWM制御に関するチャレンジ課題です。

今回からADコンバータについて説明します。

今回はADコンバータ機能を利用してタイマー時間を設定するスイッチ回路を設計します。

今回はタイマー時間をセットするスイッチを追加実装します。

今回はADコンバータの設定方法について説明します。

ADコンバータ機能を利用したプログラムを完成させます。

今回はチャレンジ課題です!

今回からEEPROMを利用した機能を追加します。

現在のプログラムに、EEPROMを利用してタイマー設定値保存機能を追加します。

EEPROMに関するチャレンジ課題に挑戦してみましょう!

今回から割込み処理の説明に入ります。

割込み処理プログラムの基本構造を図で説明します。

今回はPICマイコンの割込み処理プログラムのテンプレになるものを作ります。

割込み処理をタイマープログラムに実装します。

応用編の最後としてタッチセンサスイッチを実装します。最初はタッチセンサの原理について説明します。

今回はタッチセンサの検知の仕組みについて説明します。

タイマープログラムにタッチセンサ機能を実装する前に、タッチセンサ機能単体の確認をするためのプログラムを作成します。

今までの知識をもとに、タイマープログラムのスタートスイッチをタッチスイッチに変更します。

タッチスイッチセンサを利用して実際の作品を作る場合の注意点などを補足します。

今回からMPLAB Code Configuratorについて説明します。

今回は、比較用としてMCCを使用せずにプログラムを作成します。

MCCの設定画面構成を説明します。