フットキーポードのケースとスイッチ

ガジェット製作

今日は天気も気候もよかったので秋葉原にフットキーボードのケースとスイッチを探しにいってきました。

ケース

ケースはなかなかぴったりのものがないですよね。ケースを探しに「秋月電子通商」「千石電商」「マルツパーツ館」あと、ラジオデパートにあるケース専門の「エスエス無線」に行きました。

イメージとしては、薄くて、横長で、できれば傾斜がついているのがいいかな、なんて思っていたんですが、そもそも薄くて横長のケースってほとんどないんですね。

やはりケースは専門店がいいかな、ということで、最終的にはエスエス無線で探しました。傾斜がついたケースもあったんですが、なんと、3000円〜5000円するんですね。知りませんでした。あまり贅沢はいえないかな、ということで、薄型、幅があるもの、ということでこれを買ってきました。

Keyboard case unpacked

599円でした。パッケージを外すと、

Keyboard case

こんな感じです。ちょっとイメージが違うけど、これで作ってみようと思います。

ケース探しをしていて思ったんですが、そろそろ3Dプリンタが欲しいですね。まだ3D CAD/CGソフトって使ったことないけど、AutoCAD 123 Designとか無償でいいソフトがあるみたいなので、今度勉強してみようと思います。これからは3D関連のツールも身につけた方がよさそうです。

 

スイッチ

スイッチは実際に足で押してみたかったのですが、まさか靴を脱いでその場で足でクリック感とか確かめる、ということもできませんので、とりあえず2種類買ってきました。

Switches

左側が秋塚電子通商で購入した1個30円のスイッチ、右側が千石電商で購入した1個50円のスイッチです。他にも押しやすそうなスイッチがあったのですが、高かったので諦めました。1個200円ぐらいとか、なんかテレビのクイズ番組ででてきそうな巨大なスイッチもありました。

ということで、回路の方ですが、あとフットライトをつけるとまとまりそうですので、ケース組込みの方も進めたいと思います。

Mac側のアプリはまだ進んでいません。。。

« »