Plug&Play USB Demo

ガジェット製作

MacとPIC USBデバイスの通信方法を調査してみました。

MacとUSB間で通信するサンプル

現在製作しているフットキーボードですが、やはりMacから設定したいので、MacとUSBデバイス間で通信する方法をいろいろと調べていました。

Appleのドキュメントを見てもよくわからないので、他を探していたところ、Microchip社のLibraries for ApplicationsにPCとUSBデバイス間の通信デモがありました!よかった。

サンプルの場所はここです。フォルダの名前は “Device – HID – Custom Demos” です。

USB PnP Demo

 

フットキーボードの回路追加

“Device – HID – Custom Demos”には、PIC側のプログラムの他に、Macのサンプルアプリも付いています。このサンプルのコードをざっとみたところ、

・MacのアプリからPIC側のLEDのON/OFFを制御する
・MacのアプリからPIC側の電圧を読み取る

という機能がついているようでした。

LEDの制御は、すでに実装しているRC2ピンでしたので、特に回路の変更は必要なしです。ただ、電圧を読み取るのはボリューム(可変抵抗)の電圧値を読み取るように書かれていましたので、動作確認のために回路を追加します。

まず、Microchip社の “Low Pin Count USB Development Kit User’s Guide” の回路で該当部分を確認します。

MC USB Dev Kit Shematic Diagram
(Microchip社 Low Pin USB Development Kit User’s Guide p.46より)

具体的には電圧値はRB4を読んでいますので、上図の赤枠部分の回路を付け足すことにします。

USB Custom Demo

EAGLE用のファイルもつけておきます。

 

回路組み立て

早速組み立てですが、電圧読み取り部分の回路は後で取り外す予定なので、ジャンパワイヤでくみました。こんな感じです。

USB custom demo circuit

なんか、あんまりやる気なさそうな組み方ですみません…

次回はMac側のサンプルアプリをビルドしてみます。

 

変更履歴

 

日付 変更内容
2013.3.31 初版

« »