第28回 MPLAB Code Configurator(4) 〜基本設定〜

今回はMCC設定画面で、マイコンの基本設定を行います。

設定の流れ

これから、デフォルトで表示されている機能モジュール、「System Module」「Pin Module」「Interrupt Module」の設定を順に行います。

最初に「System Module」が選択されていると思いますが、選択されていない場合は「System Module」を選択してください。

Pic app select system module

「System Module」を選択すると、右側の領域にシステムに関する設定項目が表示されます。この領域は以下のように3つのタブ、「Easy Setup」「Registers」「Notifications」があります。

Pic app tabs

それぞれのタブは以下の内容になっています。

このような構成になっていますので、設定の流れとしては、「Project Resources」から機能モジュールを選択し、右側の「Registers」タブで設定を行う、という作業を、全ての機能モジュールに対して行っていくことになります。

なお、機能モジュールによっては表示されるタブの種類が異なることもあります。その場面が出てきたら別途説明いたします。

それでは、「System Module」「Pin Module」「Interrupt Module」の順で設定していきましょう。

 

「System Module」設定

Sysetm Moduleの設定は、「Easy Setup」タブは使用せずに「Registers」タブで以下のようにしてみました。なお、Mac版のMPLABX IDE(Version4.05)では、「MCLRE」設定で「MCLR/VPP pin function is digital input」を選択したくてもなぜか選択できませんでした。原因不明ですが、今回のMCC確認用の回路では、RA3は使用しませんのでこのままにします。

Pic app system module settings

 

「Pin Module」設定

次に「Project Resources」から「Pin Moudle」を選択します。選択するとEasy Setup画面には何も表示されず、下の方にピン設定の画面が表示されていると思います。

「Pin Module」では、最初に画面下の方にある設定画面でピンの設定を行います。以下の図の青点線枠で囲んだ部分で、それぞれのピンの入出力設定を行います。PIC12F1822のGPIO(入出力ピン)はRA0〜RA5の6ピンありますので、0〜5の番号の列に対して、「output」か「input」の鍵マークをクリックすることにより、入出力を指定します。

Pic app pin settings before

なお、この設定はあくまでデジタル入出力の設定です。今回、RA2をアナログ入力ピンに設定します。アナログ入力ピンにする場合は、ここでは何も設定しない点に注意してください。RA5ピン(LED接続ピン)は出力設定します。その他のピンは使用しませんので、とりあえず出力に設定しておきます。設定が終わると以下のようになっていると思います。

Pic app pin settings after

これでピンの入出力設定ができました。この設定を行うと、画面の上の方に、以下のように各ピンの詳細設定項目が表示されます。

Pic app 28 pin detailed settings

いろいろ設定があります。ちょっと眠くなりそうですが、、、各項目を説明します。

今回の回路・プログラムに合わせた設定は以下のようになります。

Pic app 28 pin detail set

 

「Interrupt Module」設定

基本設定の最後は「Interrupt Module」設定です。ただ、今回の例では割り込み処理は実装しませんので、設定の変更はありません。以下のままにします。

Pic app 28 interrupt settings

以上で基本設定の部分は終わりです。次回、ADコンバータ機能を追加して、設定を行い、プログラムを自動生成します。

 

更新履歴

日付 内容
2017.12.18 新規投稿