フットキーボード – 全体像の説明

あけましておめでとうございます。

年末年始をはさんでしまいちょっと時間があいてしまいましたが、フットキーボード製作を進めます。

このエントリの説明内容

 

完成イメージ

これから製作するものは、フットキーボード本体ハードウエア、フットキーボード本体を動かすためのプログラム、それとフットキーボードの設定を行うためのMac用のアプリです。フットキーボードをUSBケーブルでMacにつないで、Macのブラウザで開いたGoogle Readerをフットキーボードで操作します。ここではブラウザで操作することを想定していますが、Google Readerを読むための他のアプリの場合でも、キーボードショートカットがあれば同様に操作できると思います。またGoogle Readerに限らず、それほど多くの種類を必要としないキー操作で何かできる場合、このフットキーボードが使えると思います。

ということでまずは、全体像を書いてみました。こんな感じです。

フットキーボード全体概要

 

フットキーボード本体概要

ハードウエアをいきなり最終形でつくると、製作途中に手戻りがあった場合に修正作業が大変になりますので、はじめはブレッドボードを使用してちょっとずつ製作しようと思います。

また、USBキーボードを製作することになりますが、USB機器をゼロから作るのはたくさんの知識が必要になってしまいかなり大変です。そこで、USB機器が簡単に製作できるマイコンを使用します。「簡単に製作できる」といっても、ゼロから作るよりは簡単にできます、という感じですが、、、

使用するマイコンですが、入手しやすいマイコンの中でも、USB機能内蔵型の種類が多くリリースされている、Microchip社のPICマイコンを使用することにします。また、マイコンを動かすためのプログラムはC言語を使用することにします。

肝心のボタンですが、まずは4個で試作を始めようと思います。実際に足で操作してみて、もっと多くのスイッチでも操作できそうでしたら数を増やしたいと思います。

また余裕があれば、モードを設けてみたいと思っています。例えば、Google Readerを読むのに適したキー設定のモード、他の何かのアプリの操作に適したキー設定のモード、など複数のモードを設けてみたいと思います。

 

Mac用設定アプリ概要

Mac用の設定アプリは、Apple社の統合開発環境であるXcodeを使用して開発します。使用言語はObjective-Cとなります。

設定アプリでは、現在のキー割当の取得と設定ができるようにしたいと考えています。ただ、設定も取得もどうすればできるのかちょっと壁になりそうな気がしています。といいますのは、製作するものはUSBキーボードなのに(ホストにデータを送るデバイスなのに)、そのキーボードに対して設定のためのデータはホストから送れるのか、また、キーボードからデータを取得することはできるのか、いろいろ疑問はあります。ただ、先日のエントリでご紹介した「フットスイッチ」では設定アプリも付いているので、何か手はあるのだと思います。どうなるかわかりませんが、いろいろと勉強していきたいと思います。

 

製作に使用するツール

フットキーボード本体製作に必要なツール
簡単に記載しますが、環境構築説明のところでより詳しく説明します。

Mac用設定アプリ製作に必要なツール

 

その他必要なツール(知識)

他にも基本的なツール(知識)が必要となりますが、ここで下手に説明するより、非常にわかりやすい入門書やサイトがありますので、必要に応じてご確認いただければと思います。

 

変更履歴

 

日付 変更内容
2013.1.3 初版