第18回 ブレッドボード回路組み立て 〜PICマイコン電源と温湿度・気圧センサ〜

今回はPICマイコンの電源接続と温湿度・気圧センサの回路を組立てます。

PICマイコン電源の回路図

前回の記事でPICマイコンの位置が決まりましたので、電源を接続しましょう。以下の部分を組み立てます。

電源接続回路

注意点としては、PICマイコンにパスコンをつけますので、このコンデンサは極力VDD/VSSの近くに配置します。

 

PICマイコン電源のブレッドボード組み立て

PICマイコンのVDD/VSSはちょうど隣り合っていますので、パスコンはそのピンのすぐ隣に配置します。あとはVDD(1本)とVSS(2本)を電源ラインに接続すればOKです。

以下、ピン色枠の部分のように接続してみました。

Pic practice 18 pic power breadboard

 

温湿度・気圧センサの回路図

温湿度・気圧センサの回路は以下の部分です。この回路をブレッドボードに組み立てます。

BME280接続回路

 

温湿度・気圧センサのブレッドボード組み立て

一見すると配線がたくさんありそうですが、回路図ではセンサとPICマイコンのピンの並びを合わせました。

まず、温湿度・気圧センサのピンの並びは以下のようになっています。

Pic practice 18 bme280 pin

また、PICマイコンのピンは、この並びに合わせています(PICマイコン側がこのように機能するようにプログラムします)。

Pic practice 18 pic bme280 pin definition

このようにピンの配列を合わせていますので、以下のピン色枠の部分のように、センサをブレッドボードに差し、電源を接続すればOKです。

Pic practice 18 bme280 on breadboard

次回は温度センサとLCDモジュールを組み立てます!

 

更新履歴

日付 内容
2018.3.28 新規投稿
2018.12.9 回路図のPICkit接続コネクタを5ピンに変更