フットキーボードのプログラムVersion 1.1.0

ガジェット製作

フットキーボードのひとつのスイッチを押すと、複数の文字が入力できるようになりましたので、Version 1.1.0としてFIXすることにします。

Version 1.1.0の仕様

Macからの設定変更はまだできませんが、プログラムで設定しておけばそれなりに使えそうですのでVersion1.1.0としてFIXしました。

Version1.1.0の仕様は以下になります。

項目 仕様
スイッチ個数 7個
16F1459では最大12個まで拡張可能
(RA3, RB4/5/6/7, RC0/1/3/4/5/6/7ピン使用)
各スイッチの登録可能最大文字数 半角30文字
Macアプリ連携 LEDのOff/On制御のみ

 

Version 1.1.0のプログラム

Version1.1.0としてFIXしたプログラムをアップします。

 

動作確認

このプログラムをビルド、フットキーボードに書き込み動作確認します。

まずスイッチ1以外のキーを適当に押すと、プログラムで設定した文字が入力できます。特に”Hello world!”とか”Foot Keyboard”とか、スイッチを1回押するヌルヌルっと文字入力されるのはちょっと変な感じです。

Key input

文字入力後、スイッチ1(command + w)を押すと、ウインドウを閉じる動作になります。普段ウインドウを閉じるときはcommand + wのキーを組み合わせますが、スイッチ1つでウインドウを閉じる、というのも変な感じです。

Key input close

 

このあとの作業

この後ですが、Macから設定変更できるようにしたいのですが、まだまだいろいろと必要なことがありそうです。

  • キー登録フォーマット決め
  • フットキーボード側のプログラム仮作成
  • Macアプリ仮作成
  • 調整
  • Macアプリ仕上げ

ということでまだまだ続きます。

 

変更履歴

 

日付 変更内容
2013.4.27 初版

« »