フットキーボード Version 1.0.0 (Macアプリ編)

ガジェット製作

フットキーボードver.1.0.0のLEDをOn/OffするMacアプリをVersion1.0.0としてまとめてみます。

Macアプリ Version 1.0.0の仕様

フットキーボードのキー割当はVersion1.0.0では固定としましたのでMacアプリは必要ないのですが、今後の布石、ということで、フットキーポードについているLEDをOn/OffするMacアプリを作っておきます。

このアプリではLEDのOn/Off制御しかしていませんが、実際にはフットキーボードに32バイトのデータを送っています。今後はこの32バイトを利用して、キー割り当ての情報を送ることによりフットキーボードのキー割り当て変更をするようにつくれると思います。確認の意味も含めてフットキーボードVersion1.0.0に合わせて、Macアプリも作っておきます。

 

開発環境

以下の環境で開発・ビルド・動作確認しました。

項目 バージョン
Mac OS X 10.8.3(Build 12D78)
Xcode 4.6.1(Build 4H512)

 

Macアプリ仕様

特に仕様、というほどのものでもないですが、以下の機能を用意しました。

  • フットキーボード接続ステータス表示
  • フットキーボードのLED On/Offトグルスイッチ
  • フットキーボードのキー入力確認テキストフィールド

なお、フットキーボードのキー入力確認のためのテキストフィールドは、ただテキストフィールドをおいただけです。手抜きですね。

また、日本語と英語のマルチリンガルにしました。このマルチリンガル、初めてやってみたのですが、意外に簡単でした。その方法はネットに詳しくでていると思いますが、自分のメモとして今度まとめてみます。

 

アプリダイアログ

アプリのダイアログはこんな感じです。

Foot keyboard setter v100

 

ソースコード

前回アップしたものからの変更点は以下になります。

  • テキストフィールドを追加
    本当にテキストフィールドをペタッと貼っただけです。アウトレットの接続もありませんので、NSTextFieldの機能以上のものは期待できません。
  • マルチリンガル化
    日本語と英語の2言語対応にしてみました。もっと増やしてみたいですが、他の言語ワカンネ、ってことで、2言語です。

ソースコードです。

なお、ビルド方法などは以前のエントリを参考にされてください。

USBデバイス制御Macアプリ試作

 

変更履歴

 

日付 変更内容
2013.4.13 初版

« »