フットキーボードのテスト回路を組み立てる

ガジェット製作

前回のエントリで作成したフットキーボードのベースとなるテスト回路を組み立ててみます。

用意する部品

残念ながらPIC16F1459は国内で簡単に買えるショップは見当たりませんでした(2013年2月時点)。そこで、Microchip Directの通販で買うことにしました。他は国内のショップで入手できるものばかりです。

10

部品 個数 単価(円) 価格(円) 備考
PIC16F1459-I/P 1 約300 約300 Microchip Directから10個購入した場合の送料込み1個あたり
セラロック(12MHz) 1 100 100 若松通商
抵抗 (330, 1/4W) 1 1 1 秋月電子通商。100本入り100円
抵抗 (1k, 1/4W) 1 1 1 秋月電子通商。100本入り100円
抵抗 (10k, 1/4W) 1 1 1 秋月電子通商。100本入り100円
セラミックコンデンサ (0.1uF) 1 10 秋月電子通商。10個入り100円
発光ダイオード 1 10 10 秋月電子通商。10個入り100円
タクトスイッチ 1 10 10 秋月電子通商
ピンヘッダ 1 40 40 秋月電子通商。1x40pinを折って使用
ブレッドボード 1 600 600 秋月電子通商
ブレッドボード用ミニUSBコネクタ 1 200 200 秋月電子通商
単線電線(0.65mm) 1セット 483 483 千石電商。ブレッドボード配線用電線
合計 約1,700円

 

USBコネクタをハンダ付け

秋月で売っているブレッドボード用USBコネクタは自分でハンダ付けする必要があります。この部品に入っているパーツは以下です。

USBコネクタパーツ

ピンヘッダは7ピンのものがついています。基板側は、USB信号線側に5ピンの穴、反対側の左右に1ピン用の穴が開いています。USBコネクタ側はもちろん信号線がつながっていますが、反対側は何もつながっていません。これは基板を安定させる押さえ用みたいです。ということで、7ピンのピンヘッダを5ピンと1ピン2本に切り分けます。

USBコネクタ準備

あとはハンダ付けです。かなり細かい作業でした。

 

ブレッドボードに回路を組み立てる

USBコネクタの準備ができましたので、あとはハンダ付けなしで組み立てです。なんか1時間ぐらいかかってしまいました。

ブレッドボード組み立て

秋月のブレッドボード用USBコネクタ1番ピンは上の写真にコメントしました。また、PICKIT3のコネクタは上のように取り付けました。

これで完成です。次回は動作させてみます。

 

変更履歴

 

日付 変更内容
2013.2.24 初版

« »